皆さまこんにちは。今日は愛媛県東温市在住「てんかんで知的障害者の母」そしてISD個性心理学インストラクターの仙波ひとみ先生のブログをご紹介いたします。今回11月18日更新の記事は「家族会に参加」というテーマです。

てんかんで知的障害者の母。ISDインストラクター仙波ひとみさんのブログ

仙波ひとみ先生のブログはこちら↓↓

https://ameblo.jp/maron-sora-maron-sora/entry-12329389262.html

仙波ひとみ先生のプロフィールはこちら↓↓

http://profile.ameba.jp/maron-sora-maron-sora/

 

■仙波ひとみ先生がこの資格を取得した理由
私は、ほぼ子育てが完了した50代の主婦です。
4人の息子がいますが、三男22歳(2017年現在)は、てんかん・知的障害があります。

これまで、三男中心に悩みながら子育てをしてきました。
ゆえに、偏りがちになってしまい、他の3人の息子たちへ思いっきり手をかけてあげることができなかったのが事実です。

子育てがひと段落ついた今、ふと振り返ると、3人の息子たちにもっと何かできたことがあったのではないかと考えるようになりました。

そこで、あることがきっかけで「ISD個性心理学」と出会い、個性を知るということは、こんなにも人間関係をスムーズにしていくことができるのだということに感激しました。

てんかんで知的障害者の母。ISDインストラクターの仙波ひとみさん

この「ISD個性心理学」をもっと早くに知っていれば、4人の息子たちの個性をよく理解し、もっと短い時間でも的確に関わることができる子育てになったのではないかと思いました。

同じようにハンデのある子どもを抱えながら子育てに奮闘している、若いパパママにも、ぜひ知っていただきたい!との思いから「ISD個性心理学インストラクター」を取得しました。

取得後、勉強をすればするほど、いろいろな方面で役にたつことがわかり、人間関係、コミュニケーションなどで悩んでいる方がポジティブになれるようなひとつのきっかけになればいいと思い活動しています。

仙波ひとみ先生のブログはこちら↓↓

https://ameblo.jp/maron-sora-maron-sora/entry-12329389262.html