先日、支部長と一緒に大阪へ研修を受けに行ってきました

 

その翌日、支部長の息子、つまり私の甥っ子と3人でお買い物&食事へ♪

 

“たぬき親父”

 

うちの支部長、普段は“ライオン”の着ぐるみを着てます

 

本質は“たぬき”
だけど
表面(対人関係で出てくる個性)は“ライオン”

 

 

ライオンが表面に出ちゃうので、ちょっと怖いと思っている方も多いと思いますが・・・

 

中身は“たぬき”です

 

では、たぬきの個性・・・

 

やっぱり「人志向」が強いなぁ~と
人にも環境にも合わせようとしてくれる他人軸

 

“虎息子”

 

で、
“たぬき親父”の息子が“虎”

 

虎の個性は・・・
なんといっても自分軸
まずは自分の意見や思いに基づいて行動します

 

そして、なんだかいつも冷静
教科書には「悠然とした雰囲気」と書いてあります

 

バランス感覚が優れていて、自信家が多い

 

そういえば、
“たぬき親父”と“虎息子”の会話を聞いていると、
“虎息子”がちょっと上からくる感じ

 

とはいえ、仲良しだね

 

全く違う二人の個性

 

とはいえ、仲良しです♪

 

虎息子が初スキーに行くというので、一緒にウエアを選んで・・・

 

試着、手伝ってます

 

服を買ってあげている“たぬき親父”の方がウキウキ感が出てました~♪

 

もっと早く知りたかったと言われます!

 

ISD個性心理学を学んだ方から一番言われるのが

 

「もっと早く知りたかった!」

 

あの人の言動や行動が不思議~
とか
なんでそうなるの?
とか自分の個性との違いがハッキリ見えてくるのがISD個性心理学

 
 

違いがわかればあきらめられる
あきらめるとは「明らかに認める」こと上司や部下との関係
家族との関係
友人・恋人との関係など
人間関係でストレスが笑いに変わります

 

お問い合わせ、お申し込みはこちらから

 
LINE@からもお問い合わせいただけます

友だち追加